読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この気持ちはやっぱり愛なんだ

准担の現場に行けない田舎貧乏学生のはなし。

身長差が作り出す世界が愛おしい

昨日の朝の追憶のWS

小栗旬柄本佑の高身長俳優に挟まれる岡田准一(公式170cm)の愛おしさが爆発していた。

 

アカデミー賞授賞式を見ていても思ったのですが、俳優さんって背が高い人が多いんですね。

その中にちょんって立っている岡田くんが可愛くて、もう。

いくらガタイが良くなっても身長差があるだけで、あんなにもちまっと見えるのだなあと思います。

男としてはコンプレックスかも知れないけれど、その身長差が作り出す愛おしさは凄い。

 

 

身長差と言えば、図書館戦争

自分の方が小さいのに、守ったり、手を引っ張ってずかずか行ったり...堂郁 is 愛おしい...

「お、王子様...?」のシーンや事務所で堂上が郁を泣かせたシーンの下から伺うように見る感じがすごく好きです。

映画2作目のパンフレット中に睨み合っている写真があるのですが、それも上目遣いで睨んでいて可愛いのです。

(余談ですが、パンフレットの裏表紙の堂郁の距離が1作目から2作目にかけて近づいているのが粋すぎて!この素晴らしさをわかる人と分かち合いたい毎日でございます。)

ほら今堂郁となら世界はこんなに美しい...!

 

あとは、タイガー&ドラゴンでの長瀬智也さんとの身長差。

まだ痩せていたこともあって、長瀬くんと並ぶと本当にちまって感じで可愛い。それで下から睨んじゃうから可愛い。

 

ここまでで分かるように、

小さい人が大きい人を見上げるという行為は、愛おしいのです。

 

 

しかし!

例え見上げなくても、並んでいるだけで身長差の無限の可能性を感じる空間もあります。

 

 

 

そうですV6です。

トニセンとカミセンの身長差の間にある空気になりたい(切実)。

例えば、Airで「らぶはずねばごんべいべー」の時に縦1列になってステップを踏みながら移動する時。

ちょうどトニがカミを挟んでいるのですが、それがもう、カミの可愛さを引き立て、トニのスタイルの良さを引き立て、さらに列もダンスも綺麗に見える。

6という偶数で、センターを軸に左右対称ができないV6にとって、身長差はなくてはならないものだと思います。

 

 

 

 

森田剛三宅健岡田准一が低身長で生まれてきたこの世界 is beautiful world...

 

 

 

 

 

突然ですが、岡田准一は、可愛い。

同級生(男)に言われました。

 

「20歳近くも年上の男性のことが可愛いってどうなの?」

 

それに私は、

 

「可愛いもんは可愛い!!!!!」

 

と答えました。どうせ乃木オタの君にいってもわからないだろう(小声)。乃木坂46は可愛い。なあちゃんは天使。でも可愛さのベクトルが違うのだ。

 

 

というわけで(?)、岡田准一さんの可愛さについて語らせてください。

 

 

「グリンピースと仲良しではない。」

可愛い。

もし、クラスの男子が同じセリフを言っても、え???どうした???って感じだろう。

30歳を過ぎて、たくさんの難しい本を読み、難しい役を演じ、多くの人と言葉を交わした岡田くんが、それでも、「仲良しではない」という言葉をチョイスするところが可愛い。

 

 

後輩を可愛がるところが可愛い。

皆さんは、カウコンで国分くんがアップで話している時、後ろに岡田くんが映り込んでいて、それに気づいた岡田くんが、隣にいたけど映らない位置にいた伊野尾くんをさっと映る位置にずらしてあげたのを見ましたか?!見てください!!!!!!

きっと今までグループ内で末っ子として大事に育てられてきて、今度は自分が年下の子を可愛がっているんだなあと思うと可愛い。

 

 

照れ屋さんなところが可愛い。

榮倉奈々さん、田中圭さんとの絡みはひたすらに可愛かった。耳が赤くなりすぎである。

今回の特典も然り。

いつからそんなに照れ屋さんになったのかは分からないが、とにかく可愛い。

 

 

天然なところが可愛い。

ミッションV6で発揮した天然ぶり。

自分がCMをやっていたパピコをパヒコと書いていた。可愛い。

岡田くんが失敗しちゃって、目尻にシワを寄せて笑いながら顔隠す時と、目を開いて必死に弁明しようとする時は超絶可愛い。

 

仕草で言えば、拍手の仕方も可愛い。

若い時のマイクの持ち方も可愛い。(あの、すごく斜めに持ってるやつです。(語彙力))

 

 

 

今、メンバーといる時が一番可愛い。

岡田くんが自分で反抗期だったというように、特典映像などで、みんなが盛り上がってる時に1人少し距離を置いていた岡田くん。

私は勝手に寂しさを感じていた。

しかし、今はメンバーに対し可愛い、好きだ、などの言葉を発していて、嬉しい。

昔、まだ「やろ〜」が語尾についたままの時の、みんな頼りにしてます、ひよっこです的な丸出しの末っ子感も好きだが、

今の、お兄ちゃん大好き!ありがとう!な末っ子感がより好きだ。

 

 

 

結論: 岡田准一は、可愛い。

 

 

フォエバコンの岡田くんのお手振りの可愛さは20年間のアイドル生活の集大成とも言える気がします(超個人的見解)。

何も分からなかった岡田くんに、とりあえず手を振っとけ、って言ってくれた坂本くんありがとうございます。今でも守り続ける岡田くんありがとうございます。

 

 

他にも可愛いところがたくさんあって、日々辛いです。

 

岡田准一は、約20歳年下の学生が毎日「岡田くん可愛い!」って騒いでいることを知らずに、可愛い行動をこれからもし続けるのでしょう。

 

罪な男や。

 

 

 

 

私が沼に落ちるまで

始まりは母親に連れられて映画館に観に行った「天地明察」でした。

 

それまでV6または岡田准一の印象といえば、

・黄金の味

・せくしーはにーばにー

サランラップと車のCMの人

・ときどきMステ出てる人たち

といった感じだったと思います。

 

天地明察が公開された時、私は中学1年生で、まだ歴史物に興味があまりなく、大河ドラマは家族が毎週見ていたのですが、楽しく見たものは少なく(篤姫と江は楽しんで見てました)、1時間の大河ドラマでも飽きちゃうタイプでした。

 

しかし、天地明察は最初から最後まで面白いと感じたのです。主人公の逆境に負けず最後まで自分の意思を貫き通す姿に感銘を受け、帰りにパンフレットと原作を買いました。

岡田くんかっこいい!と思ったというより、この作品いいな、この役者さんいいなと思った感じでした。

(役者岡田准一の作品として天地明察はあまり名が上がりませんが、私は今でもこの作品がとても好きです。パンフレットは何処かに行きましたが笑)

 

それから岡田くんがテレビやCMに出るたび、あーあの時の!みたいな気持ちで見ていました。が、そこまでどハマりはしていませんでした。

 

しかし、転機が訪れます。

 

その頃私はラジオをよく聞く子で(親がもともとよく聞いていた)、なんか面白いラジオないかなーと新聞の番組表を見ていたところ、V6の文字を見つけました。

 

ネクジェネです。

 

わーい岡田くんの声が聞けるーと思って聴き始めました。

しかし、聞こえてきたのは岡田くんの声ではなく。

まあ、6人もいるし週替わりなんだろう!と思い聴き続けるも一向に岡田くんは登場せず。

1ヶ月くらい聴き続け、ネットでネクジェネについて調べてみて、

やっとトニセンのラジオ番組だということを知りました。

 

トニセンのみなさんごめんなさい.....

 

 

しかし、この一ヶ月の間に聞いたV6の曲とトニセンのトークのおかげで私はV6のファンになりました。

 

READY?を借りてきてWALKMANに入れて聴き始めました。

 

また、ネクジェネについてネットで調べたことをきっかけにV6について調べ始めました。

 

そして、出会ったのです。

 

修学旅行

 

まず、岡田くんが無口なことに驚きました。

無口なのに、ふざける岡田くんにびっくり。

その後、V6で1番年下だと知り(それまで健くんの方が下だと思ってた)、末っ子感がかわいい...!とおじさんにかわいいという感情が芽生えてしまったのです。

剛くん健くんも然り。かわいい。

 

トニセンのトークの面白さと、カミセンの可愛さと楽曲の良さに気づいてしまったらあとは落ちていくだけでした。

 

 

しかも次の年は、

大人Guyzというかわいいの大渋滞が見れて、

スパノバという大人の魅力を知り(中2の私にはイケナイものに見えたけど、剛くんがかっこよくて...)、

更に堂上教官に宮部さんと、

私を沼の中で羽交い締めするかのような年で、もう逃げられなくなりました。

 

 

 

そんなこんなで今に至ります。

 

若いファンの人は、図書館戦争や20周年からV6ファンになった人が多いと聞きますが、納得です。

堂上教官は本当にかっこいい。原作も映画も良い。続編やってほしい!本当に!しかも、宣伝中の岡田くんも可愛かったですよね!

20周年もいろんな曲をいろんな番組で披露してくれて、バク転までやって本当に幸せな1年間だったと思います。

 

しかし、天地明察やネクジェネがきっかけでファンになった人もいるんだよーという体験談でした。

 

 

僕個人の活動がグループのためになったらいいと言う末っ子くんも、個人の活動を暖かく見守り優しい言葉をかけてくれる5人も大好きです。

 

 

これからもたくさんファンが増え、ずっとV6が活動し続けることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

VR化して欲しい映像について考えてみた

ここ数年、過去のDVDのBlu-ray化が進んでいるので、これはVR化の時代が来るのでは...?!と期待しています。
そこで、VR化してほしいV6の映像について考えてみました。

 

 

その1 Darling
VRの醍醐味はやっぱり飛び出すように見えるということだと思います。
岡田くんがバク宙するところが飛び出してきたら、蹴られる?蹴られたい!!ってなりそうなのでVRのdarlingが見たいです。

 

その2 SP
やっぱり飛び出して見えるからという理由でです。
健くんに飛び出してきてほしい〜〜!!!
あのダンスがVRで見ることができたらそうとう迫力があると思います。

 

その3 大人Guyz
個人的に好きなMVランキング第1位です。
だって、もうかわいいじゃないですか...!
ぜひカートの前にカメラをつけて、永遠と押して走っていてほしい。
おじさんがイチャイチャすると売れるんで!

 

その4 MUSIC FOR THE PEOPLE
デビュー曲だからというのもあるし、最初の剛くんが1番前の並びから横にばって出るところが好きなのでそこをぜひ見たい。
できればデビュー当時の映像で!(無理だとは思いますが)

 

 

 


ここからメンバー別にあなたのあの場面をVR化したのが見たい!をお送りします。

 

▷坂本くん
MADE IN JAPANの坂本くんのラップを手で誘うようにしながらカメラ目線で歌われたら、もう!落ちますね。あと、剛くんを回しているところも見たいです。

 

▷長野くん
Honeyのサビの振りが見たいです。VRでばっちり目が合いながら、大事な君に大切な君に〜〜と歌われたいです。照れます。

 

▷いのっち
Can do!Can go!のサビで足をばって開くところあるじゃないですか。フォエバコン見た時、長っ...って改めて驚愕したんですが、あれをVRで見たら足の長さに殺されそう。
井ノ原快彦のスタイルの良さで1時間は語れる。

 

▷剛くん
BEAT YOUR HEARTのMVでみんなで椅子に座っているカットの剛くんが可愛くて可愛くて。真ん中で偉そうに座っているのに、ただただ可愛くて可愛くて...
Yo boy!で蹴るところが見たいです。
蹴られながらも剛くんかわいいー!って言いたい。
剛くんに関しては見たいダンスが沢山ありすぎるので、ダンスじゃない面で選びました。

 

▷健くん
コンサートの最後の投げキッス集を作ってVR化して欲しい。これはVRじゃなくても欲しい(切実)。毎晩寝る前に見たいです。

 

▷岡田くん
CHANGE THE WORLDのMVのウインク。目が合っただけで何回もにやけている私ですが、ウインクされたら心肺停止で搬送されそうですが、見たい。とても見たい。

 

 

 

結論:VR化できるならもはや全部して欲しい

 


書いているうちに、あれも見たいー!って沢山出てきて楽しくなってきたので、皆さんもぜひ考えてみてください(笑)

 

V6ファンによるVR初体験記録

先日、V6の新曲「Can't Get Enough / ハナヒラケ 」のセブンネット限定盤を購入しました。

購入から5日間VRを心ゆくまで楽しんだ結果、これは感想を記録し、後世に残し、他のグループさんにもVRを売ってもらわなあかん.....!!!!

と思い始めはてなブログを初めて書いています。

ご参考になれば...

 

 

まず、はじめに、発売が決定してVRが観れると聞いた時、私はCDにVRのゴーグルが付いて来るの???と思いました。

結果、組み立て式紙製のビューアーが付いてきましたが、ゴーグルがくると思い込んでいた私は値段を何度も見返し、桁が間違っていないかを何度も確認しました。

紙製です。組み立て式です。1万9千円じゃないです。1900円です。

 

届いた時も茶封筒てきなものに入ってきました。

 

大事に持って帰ったVRでしたが、正しく見るまでになかなか時間がかかりました...

まず、動画を専用アプリでダウンロードするのに時間がかかりました。

Can'tGetEnoughのVR動画をダウンロードしながらCDを聴いてたら三曲聞き終わっちゃいました。

しかも、VR初体験のためどうなれば正しいかがわからなくてフラゲした皆さんの解説を参考にしながらやっとこさ見ました。

私的ポイントは画面を明るくすること!

明るい方が目がはっきりあいます。

 

 

そんなこんなでVRの感想です。

 

1番言いたいのは目が合う。

とても目が合う!!!!

 

私は割と冷めた(?)方の人間なので、コンサートDVDで博にカメラ目線で笑顔で手を振られても、

「コンサートに行けない組のためにありがとう!花束持つとほんと王子!」(フォエバコン)

くらいにしか思わないのですが、 

VRは、違いました。

 

自担である岡田くんと目があった時、人間は本当に嬉しいと叫ばず、はしゃがず、只々にやけるのだなとわかりました。ありがとうございました。

 

ファンサとかじゃなくて、本当に私だけを見てる!!!アーメン!!!という気持ちになります。まじです。

これは一度実感して欲しい。

 

次に、いわずもがなですが、ダンスの迫力が増します。

いのっちが手を伸ばすと、目の前に指先が!!!取れる!!!という気持ちです。

指さしも同様。心、打たれます。

 

あとは、セルフマルチアングル可能です。

自担をただひたすら上から下まで舐めるように追い続けることができます。

 

さらに、スタイルがわかりやすいです。

 

次からはメンバー別に感想を呟くので、スタイルの分かりやすさについては以下を参考にお願いします。(メンバーに感想の長さの偏りがあるのはご了承ください)

 

▷坂本くん

・狂わせるほど〜のくるくるする振りがかっこいい。音楽番組でもやってくれて嬉しい。剛くんもやってくれ

・足跡で覗き込んでくれる時の可愛さがしんどい。最後の振り返ったところも可愛い。

・歌いながらこっちを見る時のかっこよさが異常

 

▷長野くん

・ペットボトルを持ちながら、ん?飲む?みたいなところは思わず手を伸ばした

・結構長い間目を合わせてくれる

 

▷いのっち

・スタイルの良さに驚愕した。薄くて長くて肩のあたりがちょっと猫背っぽくて、髪がフワってしてて素敵。最近のどの塩顔系男子よりも塩スタイル。セーターのちょいたるみ具合も絶妙。

・サビの手を回しながら出して引くときはもはや、腕がはみ出しそう。

・ゲリィナフの最後で覗き込むときのちょっと目線逸らして笑ってから見る感じかわいいしんどい。

・個人的によっ担が1番感激すると思います。

 

▷剛くん

・足跡でいのっちから剛くんに移り変わるとき、その小ささに思わず微笑んだ。可愛い。ミニマム感がたまらない。髪はイカツイからまたそのギャップが可愛い。

森田剛はやはりダンスの天才なんだなと感じられた

・自分が歌ってないときリズム刻んでいるときの剛くんがかっこいい

 

▷健くん

・もはや存在が芸術

・ゲリィナフとハナヒラケでのギャップがすごい大賞

・足首の細さの絶妙さが可愛い素敵

 

▷岡田くん

・じーっと目を合わせてくれないからこその、時々目合った時の感激がやばい。同じところで何回もにやける。

・2番のサビのソロの裏声がかっこいいし、その時のダンスも好きなので、2番のサビも音楽番組でやってくれ!!!!(土下座)

・ポケットに手を入れる時かわいい

・厚みがすごい。特に肩。

 

以上です。

 

この素晴らしさを上手く伝えられない自分の語彙力がむごい...

 

というわけで、みなさん、ぜひCDを買って素晴らしさを実感してください...!

 

 

 

 

 

今度はVR化してほしい曲について書きたいです。